これから Nishiki Pro または Nishiki
テーマを使うなら1度は確認しよう!

Nishiki テーマおすすめ設定 テーマおすすめ設定を見る
  1. ホーム
  2. マニュアル
  3. Nishiki Pro:AMP ページに Google AdSense など広告コードを入れる方法

お知らせ

このページで紹介している機能は Nishiki Pro 製品版のみ利用可能です。

お試し版(無料)をご使用の方は、製品版のご利用を検討ください。製品版では、テーマの継続的なアップデートやサポートのサービスを提供し、全ての機能が利用できます。

Nishiki Pro は AMP 対応のテーマです。AMP ページにも Google AdSense などの広告コードを入れることができます。

以下に方法を書きましたのでご参考ください。

AMP ページに Google AdSense など広告コードを入れる方法

まず、ワードプレスの管理画面から「外観」→「カスタマイズ」を選択します。

次に「[Nishiki Pro]オプション」のパネルの選択します。

次に「AMP」のパネルの選択します。

下の画像のように AMP の設定項目が表示されます。必ず「テンプレート適用」にチェックが入っていることを確認してください。チェックが入っていないと動作しません。

広告の表示枠は、コンテンツ本文の前後 1 箇所ずつです。

また、この設定は上級者向けです。

amp-ad のページにサンプルコードが掲載されていますが、ある程度 HTML や AMP を理解されている方向けです。

以下にサンプルを掲載しましたので、ご参考ください。サポートが必要な場合は ユーザーコミュニティ までお寄せください。

サンプル設定例

1.AdSense のコードを入れる場合

「amp-ad を読み込む」にチェックを入れて、以下のようにサンプルコードを書きます。

サンプルコード(サイズ固定)

<amp-ad width=300 height=250
 type="adsense"
 data-ad-client="ca-pub-xxxxxxx"
 data-ad-slot="xxxxxxx">
</amp-ad>

サンプルコード(レスポンシブ)

<amp-ad width="100vw" height="320"
     type="adsense"
     data-ad-client="ca-pub-xxxxxxx"
     data-ad-slot="xxxxxxx"
     data-auto-format="rspv"
     data-full-width="">
  <div overflow=""></div>
</amp-ad>
ポイント

「data-ad-client(サイト運営者 ID)」と「data-ad-slot(広告ユニット ID)」は、以下のリンクを参考にして、ご自身の AdSense アカウントに合わせて数値を入れてください。

2.AdSense のコードを入れる場合(フライングカーペット)

「amp-fx-flying-carpet を読み込む」にチェックを入れて、サンプルコードを書きます。

サンプルコード

<amp-fx-flying-carpet height="300px">
 <amp-ad width=300 height=600
  type="adsense"
  data-ad-client="ca-pub-xxxxxxx"
  data-ad-slot="xxxxxxx">
 </amp-ad>
</amp-fx-flying-carpet>
ポイント

「<amp-fx-flying-carpet>〜<amp-fx-flying-carpet>」の中に amp-ad のコードを入れるイメージです。

3.AdSense のコードを入れる場合(フッター固定)

「amp-sticky-ad を読み込む」にチェックを入れて、以下のようにサンプルコードを書きます。

サンプルコード

<amp-sticky-ad layout="nodisplay">
  <amp-ad width=320 height=50
  type="adsense"
  data-ad-client="ca-pub-xxxxxxx"
  data-ad-slot="xxxxxxx">
 </amp-ad>
</amp-sticky-ad>
ポイント

「<amp-sticky-ad>〜<amp-sticky-ad>」の中に amp-ad のコードを入れるイメージです。

このページが役に立ちましたら、ぜひシェアしてください。

WordPress テーマ Nishiki Pro

「ウェブサイト運営に本当に必要とされる機能」をテーマ内にまとめて搭載したプロフェッショナル版 WordPress テーマです。

ブロックエディター機能を強化し、これまでの WordPress では難しかったコンテンツが簡単に作れます。ブログ、ポートフォリオ、コーポレートサイト、ビジネスサイトなど、様々な目的のウェブサイトに対応できるテーマです。