これから Nishiki Pro
テーマを使うなら1度は確認しよう!

Nishiki テーマおすすめ設定 テーマおすすめ設定を見る
  1. ホーム
  2. マニュアル
  3. 【AMP ページもアクセス解析しよう】Nishiki Pro:AMP ページに「Google Analytics」の計測コードを入れる方法

このページでは、Nishiki Pro テーマを使用して AMP 対応したページが「一体どれくらいアクセスされているのか」「どのような経路でアクセスされているのか」など、アクセス解析ができる「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」のコードを入れる方法を解説しています。

作業前に確認してください

① Google Analytics のアカウントはありますか?

Google Analytics のアカウントを持っていることを確認してください。持っていない場合は、以下のページから登録しましょう(Google アカウントを持っていることが前提です)。

③ Nishiki Pro テーマの AMP 対応は済んでいますか?

AMP プラグインのインストール、Nishiki Pro テーマ側の設定がまだ済んでいない場合は、以下のページをご参考にして作業ください。

準備ができたらさっそく作業を進めましょう。

AMP ページにアクセス解析ツール「Google Analytics」の計測コードを入れる方法

Google アナリティクス ID を確認しよう

まず「Google アナリティクス ID」を確認しましょう。確認方法がわからない場合は、以下のページに手順が書いてあります。

ポイント

Google アナリティクス ID は、通常「UA-XXXXX-Y」という文字列です。

この Google アナリティクス ID は次の作業に使用しますので、メモっておいてください。

計測コードを入れよう

次に、ワードプレスの管理画面にログインします。

管理画面のメニュー内から「AMP」→「Analytics」を選択してください。

「AMP Analytics Options」のページが開きます。

掲載されているサンプルコードをコピーします。

次に、下の画像のように、値を入力して保存してください。

  • ① タイプ「googleanalytics」を入れてください。(全部半角英字で入れてください
  • ② 自分の Google アナリティクス ID を入れてください。
  • ③ 設定を保存してください。

以上で作業は完了です。AMP プラグインを使えばかなり簡単に設定できますね。

正しく計測できているか Google Analytics で確認してみよう

AMP ページが正しく計測できているかどうか、動作確認をしましょう。

Google Analytics にログインしてください。

今回は、確認方法の1つとしてリアルタイムでアクセスされているページを確認してみましょう。

レポートの「リアルタイム」→「概要」を選択してください。

下の画像のように、AMP ページのデータが表示されていますね。これで確認 OK です。

AMP ページが計測されています

このページが役に立ちましたら、ぜひシェアしてください。

WordPress テーマ Nishiki Pro

「ウェブサイト運営に本当に必要とされる機能」をテーマ内にまとめて搭載した WordPress テーマです。

ブロックエディター機能を強化し、これまでの WordPress では難しかったコンテンツが簡単に作れます。

ブログ、ポートフォリオ、コーポレートサイト、ビジネスサイトなど、様々な目的のウェブサイトに対応できるテーマです。

最新情報をチェック!

テーマに特化した情報を「にしきちゃん」がお伝えします😄

  • リリース情報
  • 新機能の紹介
  • 便利な使い方
  • 開発中の機能紹介
  • 導入事例
  • あるある日常ネタ

など