プラグインの特徴

「Nishiki GB Meta」プラグインは、WordPress公式テーマ「錦(Nishiki)」のウェブサイトにSchema.org(構造化データ)OGP(Open Graph Protocol)の2つのメタ情報の設定ができる機能を追加します。

メタ情報を設定すると、どんないいことがあるの?

メタ情報を設定すると、以下の2つのことができます。

  1. 自分のウェブサイトの様々な情報を検索エンジンに正しく認識させることができる
  2. 自分のウェブサイトの様々な情報をTwitter,Facebookに投稿した際の見た目をデザインできる

文字だけだとよくわからないと思いますので、メタ情報を設定していると具体的にどうなるのか、以下に例を挙げました。

Schema.org(構造化データ)の設定をすると・・・

Google検索結果にソーシャルアカウントが表示される

下の画像はGoogle検索で「Google」という文字で検索した時の結果の一部です。画像中にある赤枠に注目してください。「Profiles」欄に各ソーシャルアカウントへのリンク先が紐づけられています。

ソーシャルアカウントへの紐づけ用のSchema.org(構造化データ)がウェブサイト内に適切に書かれているため、このように表示される仕組みです。

Google検索結果にサイト内検索用の入力欄が表示される

もう一つの例として、Google検索で「youtube.com」という文字で検索すると、下の画像のように検索結果が表示されます。画像中の赤枠に注目してください。検索用のボックスがGoogleの検索結果に表示されています。検索ボックス表示用のSchema.org(構造化データ)が適切に書かれているため、このように表示される仕組みです。

Schema.org(構造化データ)を設定すると、上記の例のように検索結果にウェブサイトに関連する情報が掲載されます。※検索結果に表示されない場合もありますが、構造化データ テストツールで正しく認識されていれば問題なく設定されています。

OPGの設定をすると・・・

Twitterに自分のウェブサイトのURLをつけてツイートすると、以下のようにリンク先のページの画像やタイトルや抜粋などが表示されています。通常のツイートよりも目立つので、目に留まりやすくなります。

Twitterのツイートが目立つようになる

Facebookも同様に、自分のウェブサイトを投稿した際の見た目をデザインすることができます。

Facebookの投稿も目立つようになる

メタ情報を設定することで、アクセスアップにもつながる

メタ情報は自分のウェブサイトに興味を持ってもらうための施策

例えばですが、自分のウェブサイトで書いた記事やページを見てもらうために、TwitterやFacebookへ「ウェブサイトへのリンク付きで投稿をした」と仮定します。その投稿は「一体どれだけの人が興味を持ってくれるのだろうか」と考えたことはありませんか。

もし「ウェブサイトにどんな情報が掲載されているのか」がTwitter,Facebookのタイムライン上である程度把握できれば「続きを読んでみようかな・・・」と興味を持ってくれる方もいるかもしれません。

情報が少ない投稿はスルーされやすい

ただただウェブサイトのリンクだけ貼り付けて投稿したところで、その投稿を見た人からすると「ウェブサイトに訪れることが自分にとって有益なのかどうか」の判断がしづらいため、読まれない(スルーされる)こともよくあるのではないか、と思います。

そこで、ウェブサイトの情報をTwitter,Facebookに認識させて、ウェブサイトを訪れてもらうきっかけを作ってくれるのが「メタ情報」の設定、ということです。

たくさんの検索結果から自分のウェブサイトを見てもらうためには

Twitter,Facebookなどソーシャルメディアだけではなく、Googleなど検索エンジンの結果についても似通った考察ができます。一つの検索ワードで膨大な量の検索結果が表示されることはよくあると思います。

その検索結果の中から「いかに自分のウェブサイトに訪れてもらうか」を考えてみると、検索結果の画面により多くの情報が掲載されているほうが、ウェブサイトを訪れてもらえる可能性はより高くなると考えています。

メタ情報について、なんとなくイメージが浮かんだでしょうか。もし興味がありましたら、以下に各設定画面のサンプルと機能一覧を掲載していますので、ご参考ください。

プラグインは、可能な限り感覚的に操作できるように意識して作られています。

Schema.org(構造化データ) 設定

Schema.org(構造化データ)は「カスタマイザー」と「出力設定画面」の2つの画面でそれぞれ設定をします。

カスタマイザーの画面

出力設定画面

OGP 設定

OGPもSchema.org(構造化データ)と同様に「カスタマイザー」と「出力設定画面」の2つの画面でそれぞれ設定をします。

カスタマイザーの画面

出力設定画面

機能一覧

Schema.org(構造化データ)

カスタマイザー機能

カスタマイズ機能を利用するには、WordPressの管理画面から「外観」→「カスタマイズ」→「[Nishiki] オプション」→「Schema.org(構造化データ)」を選択してください。

項目概要デフォルト値
デフォルト画像出力するページにアイキャッチ画像が設定されていない場合の画像を設定なし
ロゴ画像(記事用)ロゴ画像を設定(※未設定や画像の推奨サイズが異なる場合は、構造化データのエラーが出ますので、ご注意ください)なし
投稿するページのタイプ出力するタイプを選んでくださいBlogPosting
ウェブサイトのタイプ法人など組織 または 個人から選んでください未設定
個人名個人名を入力なし
組織名法人など組織名を入力なし
ロゴ画像(組織用)組織用のロゴ画像を設定(ウェブサイトのタイプが「法人など組織」の場合に設定欄が表示されます)なし
郵便番号郵便番号を入力(例:111-2222)なし
都道府県名都道府県名を入力(例:東京都,Tokyo)なし
市区町村名市区町村名を入力(例:北区,kita-ku)なし
住所(番地・アパート名なども含める)住所を入力(例:十条,jujo)なし
連絡先(電話番号)国番号+電話番号を入力(例:+81(111)222-3333 または +81-111-222-3333 または +81-1112223333)なし
連絡先の窓口連絡先の窓口を選択する未設定
連絡先オプション連絡先オプションを選択する未設定
サービス対応エリアどのエリアまで対応しているのかを設定する(例:JP,US)なし

出力設定

WordPressの管理画面から→「Nishiki GB」→「Schema.org(構造化データ)」を選択してください。

項目概要デフォルト値
投稿タイプ出力したい投稿タイプにチェックを入れてください(カスタム投稿タイプも設定可能です)無効
ウェブサイト情報ウェブサイトの情報を出力します無効
ウェブサイトのタイプ(法人など組織/個人)法人などの組織 または 個人に関する情報を出力します無効
検索検索に関する情報を出力します無効
所在地所在地に関する情報を出力します無効
連絡先連絡先に関する情報を出力します無効

※その他、必須な情報は自動的に出力されます。

OGP

カスタマイザー機能

カスタマイズ機能を利用するには、WordPressの管理画面から「外観」→「カスタマイズ」→「[Nishiki] オプション」→「OGP」を選択してください。

項目概要デフォルト値
og:image出力するページにアイキャッチ画像が設定されていない場合の画像を設定なし
twitter:cardTwitter Cardのカードタイプを選択summary
twitter:siteウェブサイトのTwitter IDなし
fb:app_idFacebookアプリのID(IDの取得方法はこちらをご参考ください)なし

プロフィールページ設定

著者ごとに出力内容が違う設定は、プロフィールページで行います。WordPressの管理画面から→「ユーザー」→「あなたのプロフィール」ページ内の「連絡先情報」欄で設定してください。

項目概要デフォルト値
twitter:creator著者のTwitter IDなし
article:author著者のFacebook個人ページのURLなし
article:publisherFacebookページのURLなし

出力設定

WordPressの管理画面から→「Nishiki GB」→「OGP」で設定してください。

項目概要デフォルト値
OGP共通基本的なOGPタグを出力無効
Twitter CardsTwitter Cards(ツイッターカード)のOGPタグを出力無効
FacebookFacebook OGPタグを出力無効

Twitter,Facebook,検索エンジンそれぞれから「ウェブサイトがどうみられているのか」を意識しましょう。メタ情報を適切に設定するとアクセスアップにもつながるので、ぜひともプラグインの導入をおすすめします。

Nishiki GB Meta
を購入する

Googleなど検索エンジンにウェブサイトの情報を認識させるため、Schema.org(構造化データ)の設定ができます。Twitter,Facebookにウェブサイトを投稿した際の見え方をデザインするため、OGP(Open Graph Protocol)の設定ができます。

¥2,280(税抜)

パッケージ ダウンロード

製品サポート用 登録キー発行

PayPalで購入する

製品はサポトピア会員限定で販売しています(会員登録はこちら)。サポトピア会員の方はログインを行い、再度このページにアクセスして購入手続きを進めてください。

決済方法

※製品の購入には、お持ちのクレジットカードや銀行口座が使える「安心・安全なオンライン決済 PayPal(ペイパル)」を使用しています。PayPalのアカウントをお持ちでない方は、PayPalアカウントを新規登録する方法(無料)をご参考ください。

※製品購入前に注意事項を必ずお読み下さい。

機能

  • Schema.org(構造化データ)のタグを出力します。Googleなど検索エンジンにウェブサイトの情報(記事・検索・住所・連絡先 など)を認識させます。
  • OGP(Open Graph Protocol)のタグを出力します。Twitter、Facebookにウェブサイトをシェアした際の見た目をデザインします。

パッケージ内容

  • Nishiki GB Meta(メタ情報 拡張プラグイン)

・・・管理画面からボタン1つで簡単アップデート対応(バージョン情報はこちら

パッケージのダウンロード・インストール・製品登録

パッケージは「買い切り型」でサポトピアの会員限定でダウンロード販売しています(会員登録はこちら)。

製品購入後、Nishiki Growing Beauty 拡張プラグインの導入方法をご参考いただき、製品サポート用の登録キーを発行してご使用ください。