これから Nishiki Pro または Nishiki
テーマを使うなら1度は確認しよう!

Nishiki テーマおすすめ設定 テーマおすすめ設定を見る

WordPress テーマ Nishiki Pro / Nishiki を使って投稿や固定ページを作る際に、画像・動画・ギャラリーなどを追加することもあると思います。

それらをより画面いっぱいに、大きく見せるため「幅広」「全幅」サイズに対応しています。

具体的に「幅広」「全幅」サイズを適用するとどうなるのか、以下に解説しました。

目次

「幅広」サイズを適用するとこうなる

「幅広」サイズを適用すると、コンテンツ幅よりも広めに表示されます。モバイルで見た場合などの調整も今後入れていきますが、コンテンツ幅よりサイズが小さくなる場合もあって、正直「幅広」を使う場面はそんなにないのではないか・・・と個人的には思います。

画像ブロックを使って「幅広」を適用しました

「全幅」サイズを適用するとこうなる

次に、画面めいっぱいに表示したい場合は「全幅」サイズを適用します。

画像ブロックを使って「全幅」を適用しました

動画もできます

画像だけではなく、動画も「幅広」「全幅」サイズに対応しています。

YouTube の埋め込み動画のブロックを使って
「全幅」を適用しました

ギャラリーもできます

複数の画像を並べるギャラリーのブロックでも「幅広」「全幅」サイズが適用できます。

「文章よりも画像や動画で伝えた方がわかりやすい」なんてこともあると思います。

また、WordPress に限らず、近年のウェブサイトでよく見かけるデザインとして「画像・動画・ギャラリーなどは大きく見せる」傾向があります。ぜひ「幅広」「全幅」を活用ください。

注意点があります

この「幅広」「全幅」のサイズ指定は、使用するテーマによってレイアウトが変わったり、そもそも対応していない(つまり使えない)場合もあります。

「幅広」「全幅」に対応している場合

WordPress テーマ Nishiki Pro / Nishiki では使用できますが「テーマを変更したら画像の大きさが変わった!」なんてこともありますので、ご注意ください。

Nishiki テーマに関する情報は #wpnishiki をチェックしてください。

サポトピア おすすめ WordPress テーマ

WordPress テーマ Nishiki Pro

WordPress 公式テーマ Nishiki の洗練されたデザインを継承したプロフェッショナル版テーマです。「本当に必要とされる機能」をテーマ内にすべて搭載しているので、プラグインをたくさん入れなくても OK。メンテナンスコストも抑えることができ、効率の良いウェブサイト運営を行うことができます。

EC サイト対応テーマ Nishiki Pro for WooCommerce

今の時代、誰もが商材を持ち、ネット上で販売できる仕組みを持ってもいいと思います。WordPress を使って EC サイトが構築できる「Nishiki for WooCommerce」を使って、お持ちの商材を販売しませんか。ドロップシッピングサイトも作れます。