これから Nishiki Pro または Nishiki
テーマを使うなら1度は確認しよう!

Nishiki テーマおすすめ設定 テーマおすすめ設定を見る

このページでは、WordPress テーマ Nishiki Pro のお試し版を利用している方に向けて「製品登録する方法」について解説しています。

目次

その前に、なぜ製品登録が必要なんですか?

テーマの「アップデート」サービスが受けられます

これは Nishiki Pro テーマに限らず「WordPress テーマは随時アップデートが必要だ」ということを覚えておきましょう。

「なぜアップデートが必要なのかわからない」という方は、以下のページで解説していますので、ご参考ください。

「サポート」サービスが受けられます

日々のウェブサイト運営の中で、例えば Nishiki Pro テーマの「操作方法がわからない」場合、製品版に限り、サポートを受けることができます。

重要!!

WordPress に関する情報は巷に数多く出回っていますが、ウェブサイトの数だけ置かれている状況は違うはずです。

「困った時にテーマ開発元にサポートを依頼すること」は、最も詳しく、正しく、信頼できるサポート体制であることを、ご理解いただけますと幸いです。

「Nishiki Blocks Pro」全ての機能が利用可能になります

お試し版は Gutenberg ブロックエディター対応の「Nishiki Blocks Pro」の一部のみしか利用できません。

製品登録すると、全ての機能を利用することができます。

Nishiki Pro テーマを製品登録する方法

Nishiki Pro テーマを購入する

まずはサポトピアにログインして Nishiki Pro テーマを 製品ページ から購入ください。

製品ページ中には、下の画像のように製品購入ボタンがあります。

※画像中の価格は本ページ最新更新時のものです

「PayPal で購入する」ボタンを押して手続きを済ませてください。

プロフィールページを開く

次に、サポトピアにログインした状態で、右上にあるアイコンを選択して自分のプロフィールページを開いてください。

プロフィールページの中に製品登録できる入力欄があるかどうかを確認してください。Nishiki Pro テーマを購入いただいた方のみ、入力欄が表示されます。

次に、製品登録するウェブサイトの URL を入力します。例えば「https://www.example.com」の場合は、URL の最後にスラッシュを入れずに「https://www.example.com」と入力してください。

入力後、保存ボタンを押すと下の画像のように登録キーが発行されます。この登録キーをコピーしておきましょう。

次に、Nishiki Pro テーマをインストールした WordPress にログインして管理画面に移動し「Nishiki Pro」→「製品登録」を選択します。

製品登録画面が表示されますので、先ほどコピーした登録キーを入力し「変更を保存」ボタンを押しましょう。下の画像のようにカギアイコンと入力欄が緑に変化すれば、無事登録完了です。

製品登録できないんだけど?という場合は

製品登録できない場合は、以下を再度ご確認ください。

製品登録できない場合にチェックしてください
  • 登録キーの入力ミス、貼り付けミスがないかどうか
  • 登録キー発行の際に入力する URL の末尾に「スラッシュ(/)」が入っていないかどうか(スラッシュは入れないでください)
  • 登録キー発行の際に入力する URL と、WordPress の管理画面の「設定」→「一般」で設定した「サイトアドレス (URL)」が一致しているかどうか(一致させてください)
  • 登録キー発行の際に入力する URL とは別のウェブサイトで登録キーを入力していないか(「http」と「https」では別の URL として判別しています)

上記を確認後「でも製品登録できない!サポートして欲しい!」という方は、サポトピアの ユーザーコミュニティ までお寄せください。

Nishiki テーマに関する情報は #wpnishiki をチェックしてください。

サポトピア おすすめ WordPress テーマ

WordPress テーマ Nishiki Pro

WordPress 公式テーマ Nishiki の洗練されたデザインを継承したプロフェッショナル版テーマです。「本当に必要とされる機能」をテーマ内にすべて搭載しているので、プラグインをたくさん入れなくても OK。メンテナンスコストも抑えることができ、効率の良いウェブサイト運営を行うことができます。

EC サイト対応テーマ Nishiki Pro for WooCommerce

今の時代、誰もが商材を持ち、ネット上で販売できる仕組みを持ってもいいと思います。WordPress を使って EC サイトが構築できる「Nishiki for WooCommerce」を使って、お持ちの商材を販売しませんか。ドロップシッピングサイトも作れます。