ところで、Nishikiテーマに限らず、WordPressテーマそれぞれには「テーマに適した設定」があります。このページでは、他のテーマからNishikiテーマに変更(移行)した方や「これからNishikiテーマを使ってみよう」と考えている方に向けて、テーマ開発者の目線で「今一度ご確認いただきたい設定」についてまとめました。

ロゴ画像の設定

ウェブサイトの印象づけにも活躍するロゴ画像の設定をまずは見直してみましょう。

アイキャッチ画像の比率設定

他のテーマから移行した方の中で最も多いのが、

  • アーカイブページなど、記事一覧ページのアイキャッチ画像が小さかったり、正方形だったりで・・・これ、テーマに合わせられないですか?
  • トップページの「アイテム追加」機能で使用している画像がぼやけて見えてしまいます。いい方法ありませんか?

という問い合わせです。

Nishikiテーマには適切な画像の比率やサイズが存在します。以下のページにアイキャッチ画像の比率、推奨サイズ、画像の再作成方法などが書かれていますので、ご参考ください。

ウェブサイトのコンテンツ全体幅の設定

Nishikiテーマを有効化すると、デフォルトでは1200pxの幅に設定されています。1カラムでウェブサイトを運営したい方の中には「1200pxは少し幅が広いだろう」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

以下のページを参考にして幅を調節してください。

レイアウトの設定

投稿ページ、固定ページには「サイドバー」を表示することができます。サイドバーの配置や幅などを調節してください。

ヘッダー・フッターの設定

ヘッダーにはメニューや検索ボタンの表示、フッターにはコピーライトなどを設定できます。

ヘッダー関連

フッター関連

トップページ設定

Nishikiテーマのトップページは、ブログなどでよく見かける「最新記事を新しい順番から並べて表示する」他にも「特に見てもらいたいコンテンツをクローズアップさせる」セクションやアイテム設定ができます。

この設定をするだけで、お問い合わせ件数や売上の増加など、コンバージョン率の向上も期待できますので、以下のページをご参考いただき、設定くださいますと幸いです。

おまけ:広告設定をしてウェブサイトを収益化しよう

巷に出回っている書籍などを読んで「ブログやメディアを立ち上げて収入を得たい」と思い、WordPressを利用する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

JavaScriptを追加できる「スクリプト追加」機能が搭載されているNishikiテーマ専用プラグインを配布しています(プラグインの詳細はこちら。ダウンロード、インストール方法も書いてあります)。

「スクリプト追加」機能を使えば、例えばGoogle AdSenseなどの自動広告のコードを貼り付けると、すぐに収益化可能なウェブサイトを立ち上げることができます。あとはウェブサイトの中身次第って感じですね。

興味がある方は、お試しください。

おまけ2:ソーシャルメディアを活用してウェブサイトの更新情報を発信するならOGPの設定は必須

Twitter、FacebookなどにウェブサイトのURLを含めて投稿する場合は「投稿の中にURLの情報を含める」と、より興味を持ってもらえる可能性が高まります。ぜひともOGPの設定をご確認ください。

マニュアルページがあるよ

というわけで、いくつかピックアップしてご紹介しました。

他にもテーマの機能について解説しているマニュアルページがあります。

作って欲しいマニュアルを募集する予定です

マニュアルは随時追加していますが、その他、「こんな設定したいんだけど、テーマでちゃちゃっとできませんか?」という質問があれば「テーマでできること」なら先行してマニュアル化しますので、オンラインサポート(ただいま準備中)などのサービス中に募集いたします。

Nishikiテーマ専用プラグイン無料配付中 ウェブサイト運営に役立つ機能を搭載しています。 ↓プラグインのダウンロード↓ Download Nishiki Growing Beauty 本体 nishiki-growing-beauty.zip(166 KB) インストール方法はこちら

ハッシュタグ#wpnishikiをつけてシェア

このページの著者について

bouya Imamura

東京都北区十条にあるウェブサイト(ホームページ)制作会社AnimaGateの代表をやっています。サポトピアでは自社製品・サービスの全般的な開発・管理などを行っています。これまで数多くのウェブサイトの新規作成・リニューアル・運営などを経験し、WordPress(ワードプレス)公式テーマ・公式プラグインなど、ウェブサイト運営に役立つ様々なツールを開発・公開しています。著書「現場のためのSwift4 実務で『本当』に通用する開発者になるための教科書」販売中です。→ブログはこちら