【ロゴ、ヘッダー、フッター、レイアウト、OGP、AMP、収益化の設定も】Nishiki Pro テーマを使うなら、一度は確認しておきたい設定まとめ

お知らせ
  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 【ロゴ、ヘッダー、フッター、レイアウト、OGP、AMP、収益化の設定も】Nishiki Pro テーマを使うなら、一度は確認しておきたい設定まとめ

ところで Nishiki Pro テーマに限らず、WordPress テーマそれぞれには「テーマに適した設定」があります。

このページでは、以下の方を対象として、テーマ開発者の目線で「今一度ご確認いただきたい設定」についてまとめました。

こんな人に読んでほしい
  • WordPress をインストールしたばかりの方
  • 他のテーマから Nishiki Pro テーマに変更(移行)した方
  • これから Nishiki Pro テーマを使ってみたい方

テーマをインストールしていない場合は、以下のページを参照してください。

Nishiki Pro テーマのインストールが済んだら、以下を読み進めてください。

URL(パーマリンク)の設定

WordPress でウェブサイトを作ったばかりだと、記事・固定ページ・カテゴリーページの URL(パーマリンク)がページの内容と関係のない数字や記号などの文字列が含まれています。

URL は、早い段階での変更をおすすめします。

あとで変更しようと考えていると、とても手間がかかることがあります。

私の失敗談とともに以下のページで解説しましたので、ご参考ください。

SSL 対応は必ずやろう

WordPress を使う・使わないに限らず、ウェブサイトを HTTPS でアクセスできるように SSL 対応をしておきましょう。

「なぜ SSL 対応が必要なのか」については以下のページにまとめていますので、ご参考ください。

また、サポトピアのウェブサイトはエックスサーバーを使っています。エックスサーバーで独自ドメインを無料で SSL 対応する方法を紹介していますので、ご参考ください。

ソーシャルメディアを活用してウェブサイトの更新情報を発信するなら OGP の設定は必須

Twitter、Facebook などにウェブサイトの URL を含めて投稿する場合は「投稿の中に URL の情報を含める」と、より興味を持ってもらえる可能性が高まります。

ぜひとも OGP の設定をご確認ください。

ロゴ画像の設定

ウェブサイトの印象づけにも活躍するロゴ画像の設定をまずは見直してみましょう。

ファビコンの設定

次は、ファビコンの設定をしましょう。最近では Google 検索結果にも表示されるようになりました。

アイキャッチ画像の比率設定

他のテーマから Nishiki Pro テーマへ移行した方の中で、以下のお問い合わせをよくいただきます。

  • アーカイブページなど、記事一覧ページのアイキャッチ画像が小さかったり、正方形だったりで・・・これ、テーマに合わせられないですか?

Nishiki Pro テーマには適切な画像の比率やサイズが存在します。

以下のページにアイキャッチ画像の比率、推奨サイズ、画像の再作成方法などが書かれていますので、ご参考ください。

ウェブサイトの文字の大きさの設定

Nishiki Pro テーマでは「テーマ開発者の目線」で、PC・タブレット・スマートフォンそれぞれで文字の大きさがあらかじめ指定されています。

もし、ウェブサイト全体の文字の大きさを変更したい場合は、以下のページをご参考いただき、設定を見直してください。

ウェブサイトのコンテンツ幅設定

Nishiki Pro テーマを有効化すると、デフォルトでは 1200px の幅に設定されています。

1 カラムでウェブサイトを運営したい方の中には「1200px は少し幅が広いだろう」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

以下のページを参考にして幅を調節してください。「投稿ページ」「固定ページ」「ヘッダー」「フッター」「アーカイブページ」の幅もそれぞれ変更できます。

アーカイブページの記事の表示件数の設定

トップページの最新記事一覧や、カテゴリー、タグのアーカイブページの1ページあたりに表示する投稿(記事)の件数を設定できます。

レイアウトの設定

投稿ページ、固定ページには「サイドバー」を表示することができます。サイドバーの配置や幅などを調節してください。

ヘッダー・フッターの設定

ヘッダーにはメニューや検索ボタンの表示、フッターにはコピーライトなどを設定できます。

ヘッダー関連

フッター関連

トップページ設定

Nishiki Pro テーマのトップページは、ブログなどでよく見かける「最新記事を新しい順番から並べて表示する」他にも、特定の「固定ページ」を表示できます。

この設定をして適切なコンテンツを作成することで、お問い合わせ件数や売上の増加など、コンバージョン率の向上も期待できます。

以下のページをご参考いただき、設定くださいますと幸いです。

一括で設定してくれる「プリセット」機能があるよ

ここまで紹介した設定などを1つずつ実施して行くのは手間だったりしますよね。

そんな方のために、ボタン1つで一括で設定できる「プリセット」機能がありますので、活用ください。

おまけ:広告設定をしてウェブサイトを収益化しよう

巷に出回っている書籍などを読んで「ブログやメディアを立ち上げて収入を得たい」と思い、WordPress を利用する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

JavaScript を追加できる「スクリプト追加」機能が Nishiki Pro テーマには標準で搭載されています。

「スクリプト追加」機能を使えば、例えば Google AdSense などの自動広告のコードを貼り付けると、すぐに収益化可能なウェブサイトを立ち上げることができます。あとはウェブサイトの中身次第って感じですね。

興味がある方は、お試しください。

おまけ2:AMP 設定

必要に応じて AMP 設定を行い、Google Analytics の解析タグを設置しましょう。

AMP ページに広告を入れることもできます。

マニュアルページがあるよ

というわけで、いくつかピックアップして紹介しました。

他にもテーマの機能についてマニュアルページを公開していますので、参照ください。

Nishiki / Nishiki Pro 操作マニュアル

WordPress テーマ Nishiki Pro

「ウェブサイト運営に本当に必要とされる機能」をテーマ内にまとめて搭載した WordPress テーマです。

ブロックエディター機能を強化し、これまでの WordPress では難しかったコンテンツが簡単に作れます。

ブログ、ポートフォリオ、コーポレートサイト、ビジネスサイトなど、様々な目的のウェブサイトに対応できるテーマです。

最新情報をチェック!

Nishiki / Nishiki Pro テーマに特化した情報を「にしきちゃん」がお伝えします😀

  • リリース情報
  • 新機能の紹介
  • 便利な使い方
  • 開発中の機能紹介
  • 導入事例
  • あるある日常ネタ

など

著者

bouya Imamura

東京都北区十条にあるウェブサイト(ホームページ)制作会社 AnimaGate(アニマゲート) という会社をやっています。サポトピアでは自社製品・サービスの全般的な開発・管理などを行っています。これまで数多くのウェブサイトの新規作成・リニューアル・運営などを経験し、WordPress(ワードプレス)公式サイト登録済みテーマやプラグインなど、ウェブサイト運営に役立つ様々なツールを開発・公開しています。サポートの一環として YouTube のライブ配信などオンラインサポートを試験運用しています。ぜひチャンネル登録いただけると大変嬉しいです。→ブログはこちら