これから Nishiki テーマを使うなら
1度は確認しよう!

Nishiki テーマおすすめ設定 テーマおすすめ設定を見る

今の時代、ソーシャルメディアを使って自分のウェブサイトを知ってもらう施策は欠かせないとは思いますが、例えば「記事書きました!」「こんなサービス始めました!」など、運営しているウェブサイトのURLを含めて Twitter や Facebook などに投稿することはあると思います。

投稿した内容が「どう見えるか」を意識しよう

ところで、自分のウェブサイトのURLは「ソーシャルメディアにシェアされた時に、どう見られているのか」を意識したことはありますか。

今回は、Twitter や Facebook の投稿に私のブログ記事のURL(https://www.imamura.biz/blog/30705)を含めた場合を例にして見ていきましょう。

Twitterの場合

Facebookの場合

Twitter、Facebook のどちらの投稿にも、私のブログ記事のURL(https://www.imamura.biz/blog/30705)の情報が含まれていますね。

投稿にこんな情報が含まれている

  • 記事のタイトル
  • 記事の概要
  • 記事に設定されているアイキャッチ画像

以上が前提で、以下が本題です。

投稿に情報を含めるには OGP を設定しましょう

Twitter、Facebook などにウェブサイトの URL の情報を含めたい場合は「OGP(Open Graph Protocol)」の設定を行いましょう。

OGP は、ウェブサイトを運営している方の中で、ソーシャルメディアに情報発信する方にとっては「ほぼ必須の設定」とも言えます。

この機会に一度「自分のウェブサイトには OGP が設定されているかどうか」を確認しましょう。もし、Twitter、Facebook などに投稿した際に「ウェブサイトの情報が含まれていない!」という場合は、OGP の設定をぜひおすすめします。

というわけで、さっそく設定方法をご紹介します。

WordPressに OGP 設定を行う方法

WordPress(ワードプレス)でウェブサイトを構築していることを前提とします。WordPress には、OGP を設定できる便利な「Yoast SEO」というプラグインがありますので、インストール・有効化してください。プラグインは無料で使えます。

※Yoast SEO は設定項目がかなりたくさんあるので、今回は最低限の設定のみご紹介します。

まずは WordPress の管理画面から「SEO」→「ソーシャル」を選択します。

ソーシャル設定画面に移動するので、まずは Facebook の設定から始めましょう。

Facebook の設定

Facebook タブを選択して「Open Graph メタデータを追加する」を「有効」に設定します。

トップページの設定

次に、ウェブサイトのトップページを Facebook にシェアされた時の見え方をカスタマイズします。下の画像の「フロントページ設定」から、画像、タイトル、説明文を入力してください。

投稿ページ・固定ページの設定

次に、下の画像の「デフォルト設定」で投稿ページ・固定ページのURLを Facebook にシェアされた時の見え方の設定をします。基本的に、投稿ページ・固定ページの情報を元に自動で作成されますが、画像が設定されていない場合の代替え画像を設定しましょう。

これで Facebook の設定は終わりです。続いて、Twitter の設定を行います。

Twitter の設定

下の画像にある「Twitter card のメタデータを追加」を「有効」に設定します。

カードタイプの設定

次に、下の画像の「使用するデフォルトカードタイプ」を設定します。このページの公開時点では「Summary」「大きな画像付きのSummary」の2パターンから選ぶことができます。お好みで選びましょう。

以上で設定は完了です。設定が反映されると、Twitter、Facebook の投稿にウェブサイトの URL が含まれるはずです。

もし「設定したのにうまくいかない」という場合は、以下のツールを使ってご確認ください(詳しい操作説明は省きます)。

Nishiki テーマなら専用プラグインを入れるともっと感覚的に設定できます

上で紹介した「Yoast SEO」プラグインで OGP の設定はできますが、海外製のプラグインで開発者も日本人ではありません。もしプラグイン使用中に何か問題があった時や、操作方法がわからない時に英語が得意でない方は、解決に苦労するかもしれません。

Nishiki テーマを使うなら、専用 OGP 設定プラグインの利用をおすすめします

WordPress テーマ Nishiki を利用している方は、テーマ専用プラグインに「メタ情報」拡張プラグインを導入すれば、より感覚的な操作で OGP を設定することができます。

詳しい機能の解説や設定方法は、以下のページをご参考ください。

OGP の設定を推奨します

ウェブサイトを運営している方の中で、ソーシャルメディアを活用して情報発信されている方は、OGP の設定をおすすめします。

このページをシェアする

サポトピア
ユーザーコミュニティ
ユーザーコミュニティ
サポトピア会員であればどなたでも参加できるユーザーコミュニティを作りました。日々のウェブサイト運営にご活用ください。マニュアル・機能追加の要望やフィードバックなども受け付けています。まだできたばかりのサービスで、参加いただける方が増えるといいな〜と思います。ご参加お待ちしております。

参加する

※サポトピアにログインしてください

このページの著者について

bouya Imamura

東京都北区十条にあるウェブサイト(ホームページ)制作会社 AnimaGate(アニマゲート) という会社をやっています。サポトピアでは自社製品・サービスの全般的な開発・管理などを行っています。これまで数多くのウェブサイトの新規作成・リニューアル・運営などを経験し、WordPress(ワードプレス)公式テーマ・公式プラグインなど、ウェブサイト運営に役立つ様々なツールを開発・公開しています。YouTube Liveでオンラインサポートを始めますので、チャンネル登録いただけると大変嬉しいです。→ブログはこちら