他のテーマからNishikiテーマへ移行された方へ トップページやアイキャッチ画像など ウェブサイトの見栄えがよくなる 「テーマ専用おすすめ設定」を紹介しています。 ぜひ一度、ご確認ください!テーマ専用おすすめ設定を見る

このページでは、WordPressテーマを最新バージョンにアップデート(更新)する方法を解説していますので、ご参考ください。

その前に、なぜテーマを最新バージョンにアップデートしないといけないの?

早速アップデート方法を・・・と行きたいところですが、その前に「なぜテーマをアップデートする必要があるのか」ご存知でしょうか。

WordPressテーマは通常、テーマを作っている開発元が存在します。開発元の例として、WordPress公式テーマ「錦(Nishiki)」はサポトピアを運営している株式会社AnimaGateが開発元です。その開発元が「テーマに関する様々な作業」を行い、バージョンアップしたテーマが配布される仕組みになっています。

ここで「テーマに関する様々な作業」について、以下にいくつか大枠で例を挙げました。

テーマに関する様々な作業

1 デザインの変更や追加

ウェブサイトのデザインは、時代によってトレンドが変わりますよね。新しいデザインを適用するため、テーマの変更作業を行うことがあります。

2 管理機能などの変更や追加

WordPressのテーマに便利な管理機能などを組み込むことで、ウェブサイト運営の効率化を図ったり、利便性を向上させることができます。機能を追加するためテーマの変更作業を行うことがあります。

3 不具合対応

巷にあるWordPressで作られたウェブサイトの数だけ、使用しているテーマやプラグインはもちろん、サーバー環境なども違いますので「WordPressを動かす環境は様々である」と言えます。従って、環境によっては「テーマやプラグインの一部が動かない」「表示が崩れる」など不具合が発生する場合があります。それらの不具合の原因を調査し、テーマに問題があれば修正作業を行うことがあります。

4 セキュリティ対策

WordPressテーマを動かすための元となる「WordPress本体」や、プログラム言語「PHP」は、脆弱性対策などのため随時アップデートが行われ、仕様が変更となる場合があります。その仕様の変更に従って、テーマの変更作業を行うことがあります。

テーマをアップデートすれば適用されます

上記の4つの作業はどれも重要だと思いませんか。他にも、作業ボリュームに関わらず様々な作業をテーマに施すことがあります。これらの作業をテーマに適用するために「テーマのアップデートは必要なんだな〜」と認識いただけますと幸いです。

逆に、アップデートしていないテーマは上記の「テーマに関する様々な作業」の適用が不十分なので、長らくメンテナンスされていない可能性があります。メンテナンスされていない古いテーマを使い続けると、どうなるかは想像できますよね。なので、原則として「使用しているWordPressのテーマは、可能な限り最新状態を保つようにアップデートしておく」と覚えておいたほうがいいです。

テーマをアップデートしていないウェブサイトを見かけます

当社では、WordPressで作ったウェブサイトのリニューアル案件のご相談も承っていますが「テーマをいつでもアップデートできる状態」なのにも関わらず、使用しているテーマはもちろん、プラグインの更新作業を何年も放置しているウェブサイトをたまに見かけることがあります。

なぜ更新作業を放置しているのか・・・その理由の中には、以下のようなケースがよく見受けられます。

  • そもそも更新する方法を知らなかった
  • 更新する方法を知っていたけど、手間がかかるので放置してそのまま時間が過ぎてしまった
  • 更新する方法を知っていたけど「誰が更新作業をするのか」担当を決めていなかった(よくある)
  • 更新する方法を知っていたけど、使用しているプラグインとの兼ね合いで不具合が起こるため、更新をあえてしなかった(これもよくある)

上記に挙げた他にも理由はあると思いますが、この中でも「更新方法を知っていたけど、やらない」という選択は、メンテナンスされていない古いテーマを使い続けることになり、かなり問題があります。

「知っていたけどやらない」状態を解消しよう

テーマを更新した時に何か不具合が起こり、自力で解決できないようでしたら「開発元に依頼して解決する方法」が確実で解決までの時間短縮にもなると思います。(当社でも対応は行なっていますのでご相談ください。ウェブサイトを運営する環境は様々ですので、状況把握などの対応に費やす時間や技術を割く必要があるため、原則として個別対応は有償で承っています)。

また、WordPressで作られているウェブサイトは、例えウェブサイトで公開している文章やデザインなど内容を一切変更していなくても、使用しているテーマやプラグインのバージョンを最新に保つアップデート作業は随時必要です。

このアップデート作業は、WordPressで作られているウェブサイトを運営する上で避けられない「運用・保守作業の一環」として捉え、確実に作業をしましょう。もし、作業をする時間を割くことができない(人員が配置できない)場合や、技術的に不安を感じている方は、どなたかウェブサイトの運用・保守に詳しい方に作業を代行された方がいいです(当社にご依頼をいただくのもOKです。有償で対応しますので、ご相談ください)。

というわけで、前置きが長くなりましたが・・・上記は重要なことなので、ぜひともご留意ください。それでは、テーマを更新する方法について解説します。

WordPressの管理画面からテーマを更新する方法

今回は、当社で開発しているWordPress公式テーマ「錦(Nishiki)」を例にします。

WordPressの管理画面にログインして、「外観」→「テーマ」を選択します。

アップデート可能なテーマがインストールされている場合は、下の画像のように「新しいバージョンが利用できます。」とメッセージが表示されますので「今すぐ更新」を選択します。

アップデート処理がスタートします。

アップデートが完了しました。これで作業は終わりです。

アップデート作業は数回の動作で完了します

上記のように、公式として配布されいるテーマは、画面を見ながら数回の動作でテーマのアップデートが可能です。あまり知識がない方でも簡単にアップデートができるように作られていますので、このページの前半に書かれている「なぜテーマをアップデートする必要があるのか」を今一度ご確認いただき、随時テーマのアップデート作業を行うことをおすすめします。

Nishikiテーマ専用プラグイン無料配付中 ウェブサイト運営に役立つ機能を搭載しています。 ↓プラグインのダウンロード↓ Download Nishiki Growing Beauty 本体 nishiki-growing-beauty.zip(166 KB) インストール方法はこちら

このページをシェアする

このページの著者について

bouya Imamura

東京都北区十条にあるウェブサイト(ホームページ)制作会社AnimaGateの代表をやっています。サポトピアでは自社製品・サービスの全般的な開発・管理などを行っています。これまで数多くのウェブサイトの新規作成・リニューアル・運営などを経験し、WordPress(ワードプレス)公式テーマ・公式プラグインなど、ウェブサイト運営に役立つ様々なツールを開発・公開しています。著書「現場のためのSwift4 実務で『本当』に通用する開発者になるための教科書」販売中です。→ブログはこちら