これから Nishiki Pro または Nishiki
テーマを使うなら1度は確認しよう!

Nishiki テーマおすすめ設定 テーマおすすめ設定を見る

旧エディター時代から WordPress を使っている方にとっては、ショートコードを結構な頻度で使っている方も多いのではないでしょうか。

僕も記事を書く時はショードコードで特定の記事のリンクを表示したり、外部の API との連携などにも使うことがあります。

というわけで、Gutenberg のブロックエディターでもショートコードを使う方法をご紹介します。

以下の動画に操作方法をまとめましたので、ご参考ください。

ちなみにですが、本記事公開時の WordPress の最新バージョンは 5.0.2 なのですが、段落やリストなどのブロック内でもショートコードが展開されるようになったみたいです。

以前までのバージョンでは「ショートコードを入れるたびにブロックを追加しないといけないのは、手間だなぁ」と思っていたのですが、これはいいアップデートだなぁと思いました。

特に意識することなくショートコードを様々なブロック内に入れることができるのは大きいとは思います。

このページをシェアする

WordPress テーマ Nishiki Pro

「ウェブサイト運営に本当に必要とされる機能」をテーマ内にまとめて搭載したプロフェッショナル版 WordPress テーマです。

ブロックエディター機能を強化し、これまでの WordPress では難しかったコンテンツが簡単に作れます。ブログ、ポートフォリオ、コーポレートサイト、ビジネスサイトなど、様々な目的のウェブサイトに対応できるテーマです。

著者

bouya Imamura

東京都北区十条にあるウェブサイト(ホームページ)制作会社 AnimaGate(アニマゲート) という会社をやっています。サポトピアでは自社製品・サービスの全般的な開発・管理などを行っています。これまで数多くのウェブサイトの新規作成・リニューアル・運営などを経験し、WordPress(ワードプレス)公式サイト登録済みテーマやプラグインなど、ウェブサイト運営に役立つ様々なツールを開発・公開しています。サポートの一環として YouTube のライブ配信などオンラインサポートを試験運用しています。ぜひチャンネル登録いただけると大変嬉しいです。→ブログはこちら

他のマニュアルを見る

WordPress(ワードプレス)の使い方

マニュアルTOPへ戻る