これから Nishiki Pro または Nishiki
テーマを使うなら1度は確認しよう!

Nishiki テーマおすすめ設定 テーマおすすめ設定を見る

このページでは、WordPress テーマやプラグインをインストールしたら「エラーが発生してページが表示されない」「画面が真っ白になった」という方に向けて対処法を解説していますが、その前に、前提としてご理解いただきたいことがあります。

前提:WordPress って、そもそもどうやって作られている?

WordPress 本体やテーマ・プラグインは PHP というプログラミング言語を使って作られています。

その PHP にはバージョンが付けられており、セキュリティ対策や処理速度の向上など、プログラミング言語に変更が加えられ、随時バージョンアップされます。「PHP 7 系が登場してから、パフォーマンスが向上したよねぇ〜」なんて話を見聞きしたことはありませんか。

つまり「WordPress は PHP で作られており、PHP にはバージョンが存在し、バージョンは随時アップされる」ということですね。

この前提をご理解いただいた上で、以下の本題をご参考ください。

古いバージョンの PHP を使用していませんか?

PHP のバージョンによっては、使用できない「廃止になった機能」や、使用をおすすめしない「非推奨となった機能」もあれば「新しく使える機能」もあります。

そのため、WordPress テーマやプラグインを古いバージョンの PHP で動かそうとすると、エラーが発生してページが表示できなかったり、画面が真っ白になることがまれにあります。

例えば以下のエラーは、使用しているサーバーの PHP のバージョンが古いことが原因で発生しています(5.3 系だと発生します)。

PHP Fatal error: Using $this when not in object context in 〜

対処法

使用しているサーバーの PHP のバージョンを最新の安定版にアップしてください。

レンタルサーバーを契約されている場合、ほとんどのレンタルサーバー会社が管理画面(コントロールパネルなどと呼ばれることがあります)を用意していると思いますので、管理画面上でバージョンアップができるはずです。

レンタルサーバーが提供しているサーバーの仕様によっては、PHP の最新の安定版が提供されていない場合もあります。その時は、PHP のサポート期限が切れていないバージョンを選択してアップしましょう。

PHP のバージョンによるサポート期限については PHP: Supported Versions に英文で書かれていますのでご参考ください。英文が苦手な方は、読める方に助けてもらった方がいいかもですね。

PHP 5 系はすでにサポート期限が切れています

ちなみにですが、PHP 5 系のサポートは本ページ公開時点ではすでに終了しています。例えば現在、PHP 5 系で WordPress でウェブサイトを作っていたとして、PHP に何らかのセキュリティに関する問題が発覚した場合でも、PHP 5 系のバージョンはサポートされない可能性が高いです(例外もあるようですが、あまり期待しない方がいいと思います)。つまり、問題を抱えている PHP のバージョンを使い続けることになります。

問題が発生してからだと遅いかも

何か問題が発生してから対処しても遅くない、という程度の問題ならいいのですが、今後、どんなことが起こるかはなかなか予測がつきません。例えば「サポート期限が切れている PHP 5 系を使用していると、ウェブサイトに不正なスクリプトが挿入され、情報漏洩などが起こる危険性がある」なんてことがあった場合、ウェブサイトの運営・管理体制が疑われてしまっても仕方がないのではないでしょうか。

ですので、可能な限り問題が起こりそうな状況を避ける1つの方法として、PHP のバージョンアップをおすすめします。

そう言えばこんなこともありました

「WordPress テーマをインストールしたら画面が真っ白になった・・・助けて・・・」という相談をたびたびいただくのですが、使用しているレンタルサーバーは管理画面上で PHP のバージョンアップできない仕様の上、PHP 5 系で WordPress が動いていた、というケースもありました。

もし、契約されているレンタルサーバーで PHP のバージョンアップができない場合や、サポートが切れている PHP のバージョンしか動かない場合は、契約そのものを見直しましょう。古くて、サポートが切れた PHP のバージョンを使用し続けるのは避けた方が良いです。

PHP をバージョンアップしたのに、エラーが発生してページが表示されない、画面が真っ白になるのですが?

PHP を最新の安定版にバージョンアップすると、逆に今まで使えていた WordPress テーマやプラグインが影響してページが表示されなかったり、画面が真っ白になることもあります。

その原因の 1 つとして、使用している WordPress テーマやプラグインがバージョンアップした PHP に合わせて作られていないことが考えられます。

ここで「えっ、PHP のバージョンは古いままだとリスクがあるし、バージョンアップしてもエラーが表示されたり、画面が真っ白になることがあるのか・・・じゃあ、一体どうしたらいいの?」と思う方もいると思います。

私が最もおすすめしたいのは「PHP のサポート対象となっているバージョンに対応した WordPress テーマやプラグインを選ぶ」ことです。シンプルですね。

巷には数多くの WordPress テーマやプラグインが存在していますが、このサポトピアで提供している Nishiki や Nishiki Pro テーマは、PHP のサポート対象となっているバージョンで作られています。詳しくは、以下のページをご参考ください。

まとめ

古いバージョンの PHP を使い続けるのはリスクが大きいので、バージョンアップを行いましょう。また、サポート対象範囲内の PHP にバージョンアップしたのにページが表示されなかったり、画面が真っ白になったり、何らかのエラーが発生した場合は、現在使用している WordPress テーマやプラグインを選定し直した方がいいと私は思います。

もし 「PHP のバージョンアップ、どうやっていいかわからない!」という方は 個別サポート しますので、ご相談ください。

このページをシェアする

サポトピア
ユーザーコミュニティ
ユーザーコミュニティ
サポトピア会員であればどなたでも参加できるユーザーコミュニティを作りました。「WordPress テーマ Nishiki の基本的操作などをちょっと聞いてみたい」という時など、日々のウェブサイト運営にご活用ください。マニュアル・機能追加の要望やフィードバックなども受け付けています。まだ開始して間もないサービスなので、少しずつ利用いただける方が増えるといいな〜と思います。ご参加お待ちしております。

参加する

※サポトピアにログインしてください

著者

bouya Imamura

東京都北区十条にあるウェブサイト(ホームページ)制作会社 AnimaGate(アニマゲート) という会社をやっています。サポトピアでは自社製品・サービスの全般的な開発・管理などを行っています。これまで数多くのウェブサイトの新規作成・リニューアル・運営などを経験し、WordPress(ワードプレス)公式テーマ・公式プラグインなど、ウェブサイト運営に役立つ様々なツールを開発・公開しています。サポートの一環として YouTube のライブ配信などオンラインサポートを試験運用しています。ぜひチャンネル登録いただけると大変嬉しいです。→ブログはこちら

WordPress(ワードプレス)の使い方
マニュアル

マニュアルTOPへ戻る