これから Nishiki Pro
テーマを使うなら1度は確認しよう!

Nishiki テーマおすすめ設定 テーマおすすめ設定を見る
  1. ホーム
  2. WordPress(ワードプレス)の使い方
  3. 【ワードプレス初心者向け】エックスサーバーで PHP のバージョンを変更する方法

このページでは、エックスサーバーでワードプレスを使用している方に向けて、PHP のバージョンを変更する方法を「初心者向け」に解説しています。

以下に該当する方は、必ず読んでください。

このページの対象読者
  • 駆け出しウェブデザイナー/プログラマー/コーダー
  • レンタルサーバーを借りてワードプレスをインストールできたけど、PHP のバージョンを変更する方法を知らない、または勉強したい人
  • 公式マニュアルを読んだけど、難しくて理解できない人
  • PHP のバージョンが古くてワードプレスの本体/テーマ/プラグインのインストール/アップデートができない人

バージョン変更前の注意点

現在使用しているワードプレスの本体/テーマ/プラグインすべてが変更後のバージョンに対応しているかどうかを必ず確認してください。

対応していないものが 1 つでもあった場合、ウェブサイトの閲覧や、ワードプレスの管理画面にログインできなくなる場合があります。注意して操作してください。

不安な場合は、わかる人に聞いたり、作業を代行してもらいましょう。

「サーバーパネル」にログイン

エックスサーバーの「サーバーパネル」を開き「サーバー ID」と「サーバーパネルパスワード」を入力してログインします。

「サーバー ID」「サーバーパネルパスワード」がわからない場合は、エックスサーバーを契約したときに届くメールに記載されているので確認しましょう(本ページ公開時点の情報です)。

「PHP Ver.切替」を選択

サーバーパネルにログイン後、一覧の中から「PHP Ver.切替」を選択します。

バージョンを変更したいサイトのドメインを選択

ドメイン選択画面に移動するので、バージョンを変更したいウェブサイトのドメインを選択してください。

バージョンを変更する

PHP バージョン切替のページに移動するので「変更後のバージョン」の選択肢の中から、変更したい PHP のバージョンを選んで「変更」ボタンを押せばバージョンの変更は完了です。

どのバージョンを選んでいいのかわからない人は、推奨が付いているバージョンを選びましょう。下の画像の例だと PHP 7.4.13 です。

このページの前半にも書きましたが、ワードプレスの本体/テーマ/プラグインが変更後のバージョンに対応しているかどうかを必ず確認してください。

WordPress テーマ Nishiki Pro

「ウェブサイト運営に本当に必要とされる機能」をテーマ内にまとめて搭載した WordPress テーマです。

ブロックエディター機能を強化し、これまでの WordPress では難しかったコンテンツが簡単に作れます。

ブログ、ポートフォリオ、コーポレートサイト、ビジネスサイトなど、様々な目的のウェブサイトに対応できるテーマです。

最新情報をチェック!

Nishiki / Nishiki Pro テーマに特化した情報を「にしきちゃん」がお伝えします😀

  • リリース情報
  • 新機能の紹介
  • 便利な使い方
  • 開発中の機能紹介
  • 導入事例
  • あるある日常ネタ

など

著者

Imamura

東京都北区十条にあるウェブサイト(ホームページ)制作会社 AnimaGate(アニマゲート) という会社をやっています。サポトピアでは自社製品・サービスの全般的な開発・管理などを行っています。これまで数多くのウェブサイトの新規作成・リニューアル・運営などを経験し、WordPress(ワードプレス)公式サイト登録済みテーマやプラグインなど、ウェブサイト運営に役立つ様々なツールを開発・公開しています。サポートの一環として YouTube のライブ配信などオンラインサポートを試験運用しています。ぜひチャンネル登録いただけると大変嬉しいです。→ブログはこちら

他のマニュアルを見る

WordPress(ワードプレス)の使い方

マニュアルTOPへ戻る