これから Nishiki Pro または Nishiki
テーマを使うなら1度は確認しよう!

Nishiki テーマおすすめ設定 テーマおすすめ設定を見る

この機能は Nishiki Pro 製品版のみ利用できます。お試し版をご利用の方は、製品登録をお願いいたします。

Nishiki Pro テーマには、コンテンツ幅をページごとに変更できる機能があります。

以下に設定方法を解説していますので、ご参考ください。

目次

はじめに設定すること

まずはじめに、基本となるコンテンツ幅をカスタマイザーで設定してください。設定箇所はワードプレスの管理画面より「外観」→「カスタマイズ」→「サイト基本情報」内の「サイト コンテンツ全体幅」です。

ここで、どれくらいのコンテンツ幅がいいのか、ポイントを挙げましたので、ご参考ください。

コンテンツ幅を決める際のポイント

例えば、普段は 1 カラムでページを作ることが多い場合、コンテンツ幅は狭めでいいと思います。数値を小さくしましょう。

逆に、サイドバーを表示するページを作ることが多い場合は、コンテンツ幅は広めでいいと思います。数値を大きくしましょう。デフォルトの 1200px でもいいかもです。

ページごとにコンテンツ幅を変えてみよう

基本となるコンテンツ幅を設定した後は、投稿ページ、固定ページ、カスタム投稿ページそれぞれのコンテンツ幅を変えてみましょう。

無理に変える必要はありませんが、テンプレートを活用することによって、コンテンツ幅をページごとに変えたくなる場合は往々にしてある思います。

こんな時にコンテンツ幅を変えたくなるはず
  • ああ、このページはサイドバー入れようかな
  • このページはサイドバーいらないな
  • このページは LP(ランディングページ)にしよう など

上記のように、ページによって作るコンテンツの性質を変えたい場合は、テンプレートを活用するとキレイに作れます。

作りたいページによって
テンプレートを使い分けよう

そしてテンプレートを活用した上で、このページの本題であるコンテンツ幅を変更してください。

設定箇所は各ページの編集画面にあります

サイドバーを左右に表示するテンプレートを使う場合は大きめで、サイドバーを必要としない 1 カラムのページにする場合は小さめに数値を設定するといいと思います。

ページごとにコンテンツ幅を変更したくない場合

特にコンテンツ幅を変更したくない、基本設定のままで OK な場合は「0」を入力してください。

かなり便利な機能だと思いますので、ぜひ使ってみてください!

Nishiki テーマに関する情報は #wpnishiki をチェックしてください。

サポトピア おすすめ WordPress テーマ

WordPress テーマ Nishiki Pro

「ウェブサイト運営に本当に必要とされる機能」をテーマ内にまとめて搭載した、プロフェッショナル版テーマです。

EC サイト対応テーマ Nishiki Pro for WooCommerce

誰もが商材を持ち、ネット上で販売できる時代です。Nishiki Pro テーマ専用の EC サイトが作れるテーマです。