これから Nishiki Pro または Nishiki
テーマを使うなら1度は確認しよう!

Nishiki テーマおすすめ設定 テーマおすすめ設定を見る

Nishiki Pro テーマ と Nishiki GB Social プラグインを使えば、フッター付近に「ソーシャルアカウントのアイコン」を設置する機能を追加します。また、カスタマイザーのオプションパネルから様々な設定ができます。

ソーシャルアカウント オプションパネル

製品によってオプションパネルを表示する方法が変わりますので、ご注意ください。

Nishiki Pro テーマの場合

WordPress の管理画面→「外観」→「カスタマイズ」→「Nishiki Pro オプション」→「ソーシャルアカウント」を選択してください。

Nishiki GB Social プラグインの場合

WordPress の管理画面→「外観」→「カスタマイズ」→「Nishiki オプション」→「ソーシャルアカウント」を選択してください。

表示するソーシャルアイコンの種類を選べます

Twitter, Facebook, Google+, Instagram, GitHub, RSS フィードなどへのリンクを簡単に「表示」または「非表示」に切り替えることができます。

サンプル

ボタンが複数表示されている場合でも、レスポンシブウェブデザイン対応なので、表示領域にあわせてアイコンのレイアウトが変わります。

オリジナルデザインも適用できます

※HTML や CSS の知識がある方は「デザイン適用」のチェックを外すことで、あらかじめ適用されているデザインを無効にして、オリジナルのデザインを適用することもできます(中・上級者向け機能)。

ソーシャルアイコンの上下にテキストを表示できます

ウェブサイトの更新を各種ソーシャルアカウントを利用して配信する場合もあると思います。ただソーシャルアイコンを表示するだけでなく、上下にリード文を入れて、ページを訪れた方にソーシャルアカウントのフォローを促すような文言を考えて、自由に表現してください。

目次

機能一覧

項目概要デフォルト値
デザイン適用ソーシャルアイコンのデザインを適用します有効
テキストカラーソーシャルアイコンのテキストとリンクの色を指定します#ffffff
背景カラーソーシャルアイコンの背景カラーを指定します#142746
ソーシャルアカウントの上 テキストソーシャルアイコンの上に表示するテキスト 
ソーシャルアカウントの下 テキストソーシャルアイコンの下に表示するテキスト 
TwitterTwitter アカウント名を指定します(例:twitterjp) 
FacebookFacebook ユーザー ID または ページ ID を指定します(例:FacebookJapan) 
InstagramInstagram アカウントの ID を指定します(例:instagramjapan) 
YouTubeYouTube チャンネルの ID を指定します(例:UCA2ir-aKvKqqxV-RxQW0KHA) 
Google+Google+ アカウント ID を指定します(例:+google) 
PinterestPinterest のユーザー ID を指定します(例:pinterest) 
GitHubGitHub アカウントの ID を指定します(例:github) 
SteamSteam ID を指定します(例:s56bouya) 
Twitchユーザー ID を指定します(例:s56bouya) 
RSS フィードウェブサイトの RSS フィードのリンクボタンを表示します有効(表示)

以上で説明は終わりです。ソーシャルアカウントの導入をご検討の方は、以下のページから製品をお求めください。

ソーシャルアカウント追加機能を利用できる製品

Nishiki テーマに関する情報は #wpnishiki をチェックしてください。

サポトピア おすすめ WordPress テーマ

WordPress テーマ Nishiki Pro

WordPress 公式テーマ Nishiki の洗練されたデザインを継承したプロフェッショナル版テーマです。「本当に必要とされる機能」をテーマ内にすべて搭載しているので、プラグインをたくさん入れなくても OK。メンテナンスコストも抑えることができ、効率の良いウェブサイト運営を行うことができます。

EC サイト対応テーマ Nishiki Pro for WooCommerce

今の時代、誰もが商材を持ち、ネット上で販売できる仕組みを持ってもいいと思います。WordPress を使って EC サイトが構築できる「Nishiki for WooCommerce」を使って、お持ちの商材を販売しませんか。ドロップシッピングサイトも作れます。