これから Nishiki Pro または Nishiki
テーマを使うなら1度は確認しよう!

Nishiki テーマおすすめ設定 テーマおすすめ設定を見る

WordPress テーマ Nishiki のアップデート情報について書いているページです。バージョンによる変更点や対応した箇所など書いてありますので、ご参考ください。また、テーマは原則として最新バージョンをダウンロード・インストールして使ってください。

テーマのダウンロード方法は、以下のページをご参考ください。

テーマの機能を以下のページに一覧としてまとめていますので、ご参考ください。コードを書かずに WordPress の管理画面で感覚的にカスタマイズできる箇所が豊富にあります。

テーマの更新情報はいち早くユーザーコミュニティでお知らせしています。ユーザーコミュニティでは機能追加の要望、フィードバックも受け付けています。この機会にぜひご参加ください。

WordPress テーマ Nishiki アップデート情報

バージョン内容参考リンク
2.0.7行の高さを指定する CSS(line-height)の値を一部変更しました。 
2.0.6メインビジュアルのサブテキストの配置(左・中・右)を設定できるようにしました。
ヘッダーの高さを Nishiki Pro テーマと統一しました。
 
2.0.5日本語訳を一部追加しました。 
2.0.4日本語訳を一部追加しました。 
2.0.3WordPress 5.0.3 対応しました。 
2.0.2WordPress 5.0.2 対応しました。 
2.0.1WordPress.org の Nishiki テーマ配布ページに Gutenberg のブロックエディターに対応している旨を追記しました。

 

 

 

フォームの入力欄の CSS を調整しました。

 
2.0.0画面のサイズが 768 px 以下の場合、サイドバーを左右に表示していた場合は「幅広」「全幅」が適用されるように変更しました。サイドバー下、サイドバーなしの場合はどの画面サイズでも「幅広」「全幅」が適用されます。 
1.0.40WordPress で EC サイトが構築できる WooCommerce プラグイン関連のタブコンテンツや評価ボタンを有効にするため、読み込む JavaScript ファイルを一部追記しました。 
1.0.39YouTube の動画を埋め込んだ時に上部に余白ができる現象を解消しました。 
1.0.38Gutenberg のブロックエディターで「幅広」「全幅」サイズの調整をしました。Nishiki テーマは Gutenberg のブロックエディターで画像・動画・ギャラリーなどを大きく見せる「幅広」「全幅」サイズに対応しています
1.0.37Gutenberg のブロックエディターの CSS を一部調整しました。 
1.0.36WordPress 5.0 の動作確認を行いました。

 

 

 

関連記事の表示機能を追加しました。

公式テーマ Nishiki を WordPress 5.0 に対応しました。Gutenberg 用 Nishiki Blocks の対応や関連記事の機能も追加しました

 

 

 

WordPress テーマ Nishiki に関連記事を表示する方法

1.0.35ヘッダー、フッター、アーカイブページのコンテンツ幅を変更できるようになりました。「ヘッダー」「フッター」「アーカイブページ」それぞれにコンテンツ幅を設定できるように機能追加しました
1.0.34各種アーカイブページにサイドバーを表示する機能を追加しました。WordPress テーマ Nishiki の各種アーカイブページにサイドバーを表示する方法
1.0.33トップページを固定にしている場合の投稿ページの背景画像の CSS を一部変更しました。 
1.0.32トップページを固定にしている場合、投稿ページのタイトルがメインビジュアルになっていたので、投稿ページのタイトルを表示するように変更しました。 
1.0.31トップページの画像を IE11 と Edge 対応するため Polyfill(object-fit-images)を追加しました(IE11 のサポートが切れたら削除します)。 
1.0.30トップページのセクションの JavaScript を一部変更 
1.0.29トップページのセクションの CSS を一部変更 
1.0.28トップページのセクションの画像サイズを変更 
1.0.27IE11 と Edge でトップページのメインビジュアルとセクションの背景の object-fit が効かない件を修正しました(さらに一部対応)。 
1.0.26IE11 と Edge でトップページのメインビジュアルとセクションの背景のobject-fitが効かない件を修正しました(一部対応)。

 

 

 

IE11 と Edge で フッターの配置がずれてしまう件を修正しました。

前のページ、次のページのリンクのフォントサイズを変更しました。

 
1.0.25IE11 と Edge でグローバルメニューを展開した時の背景カラーが表示されない現象を修正しました。 
1.0.24誤字があったので訂正しました。 
1.0.23グローバルナビゲーションの周辺でアクションフックが使えるように do_action を追加しました。

 

 

 

追加した do_action
  • nishiki_before_site_nav_inner_search_button
  • nishiki_after_site_nav_inner_search_button
  • nishiki_before_site_nav_inner_menu_collapse_button
  • nishiki_after_site_nav_inner_menu_collapse_button
  • nishiki_before_site_nav_inner_menu_button
  • nishiki_after_site_nav_inner_menu_button
WordPressテーマ Nishiki で使える「アクションフック」「フィルターフック」まとめ
1.0.22一部日本語訳対応をしました。 
1.0.21投稿や固定ページの編集画面で Gutenberg エディターを使う際の見た目を調整しました。 
1.0.20トップページに設定した固定ページの表示プログラムを一部変更しました。 
1.0.19ヘッダーのグローバルメニューをスムーススクロールの対象外にしました。 
トップページの表示を固定ページにしていた場合、固定ページの内容をカスタマイザーで表示・非表示できるようになりました。 
1.0.18テンプレートに「全幅」を追加しました。WordPress テーマ Nishiki でランディングページ作成にも使える「全幅」テンプレートの追加と「投稿」でもテンプレートが使えるようになりました
テンプレートを「投稿」でも使えるようにしました。
1.0.17Gutenberg の「引用ブロック」「カスタム HTML ブロック」の CSS を調整しました。 
1.0.16Gutenberg を使って YouTube などの埋め込みを行うと上下に隙間が空いてしまう現象を解消しました。 
1.0.15トップページのセクション、投稿・固定ページの「前の記事」「次の記事」の CSS を調整しました。 
1.0.14PC(ノートPCなどのモニターサイズ)、タブレット、スマートフォン共通のブレークポイントを追加しました。 
1.0.13PC、タブレット、スマートフォンそれぞれのブレークポイント変更のため、CSS の調整をしました。テーマのブレークポイントの設定について
1.0.12PC、タブレット、スマートフォンそれぞれのブレークポイント変更のため、CSS の調整をしました。 
1.0.11エディターの CSS と、メインで読み込む CSS の調整をしました。 
1.0.10トップページの新着記事やアーカイブページで、アイキャッチ画像が設定されていない場合のデフォルト画像が設定できるようになりました。WordPress テーマ Nishiki でトップページの最新記事やカテゴリー・タグのアーカイブページにデフォルトのアイキャッチ画像を設定する方法
1.0.9固定フロントページでウィジェットが使えるようになりました(ベータ版)。 
Gutenberg の埋め込みブロックを使用した時の YouTube などの動画や、SpeakerDeck などスライドのサイズ比率を16:9に設定しました。 
1.0.8フッターでウィジェットが使えるようになりました。WordPress テーマ Nishiki のフッターでウィジェットを使う方法
1.0.7ヘッダー前後でアクションフックが使えるようにdo_actionを追加しました

 

 

 

追加した do_action
  • nishiki_before_singular_header
  • nishiki_after_singular_header
  • nishiki_before_archive_header
  • nishiki_after_archive_header
  • nishiki_before_search_header
  • nishiki_after_search_header
  • nishiki_before_404_header
  • nishiki_after_404_header
 
1.0.6グローバルナビと検索ボタンの開閉メニューのコードを一部見直しました。 
エディターのスタイルを Gutenberg に対応しました(ベータ版)。 
1.0.5グローバルナビゲーションの付近でアクションフックが使えるようにdo_actionを追加しました。

 

 

 

追加した do_action
  • nishiki_before_site_nav
  • nishiki_before_site_nav_inner
  • nishiki_after_site_nav
  • nishiki_after_site_nav_inner
 
1.0.4Jetpack プラグインを有効にした状態で YouTube の動画を投稿ページや固定ページに埋め込むと、比率がおかしくなる現象を発見したので、Jetpack 用の CSS をテーマに適用しました。 
1.0.3フッターのコピーライトのリンク先を変更しました。 
サイドバーにクラス「sidebar」を付けました。 
1.0.2ページ内のアンカーリンクを意図的に効かせないためのclass「noscroll」を追加しました。WordPressテーマ Nishiki でページ内のアンカーリンクをクリック(タップ)した際にスムーススクロールさせない方法
1.0.1ページ内のアンカーリンクをクリック(またはタップ)した際のスムーススクロールが jQuery 2系で動かなかった現象を解消しました。 
1.0.0ページ内のアンカーリンクをクリック(またはタップ)した際に、固定ヘッダーと重なってしまう現象を解消しました。 
0.1.40ロゴとサイトのタイトルの表示方法を変更しました。WordPress テーマ Nishiki バージョン0.1.40より「ロゴ」と「タイトル」の表示方法を変更しました
0.1.39固定ページ用のレイアウトを変更できる「テンプレート」機能を追加しました固定ページごとにレイアウトを変えたい場合に使える「テンプレート」を追加しました
0.1.38著者情報の表示・非表示を切り替えられるようになりました投稿ページの著者情報を WordPress の管理画面から簡単に表示・非表示の切り替えができるようになりました
0.1.37アイテム追加機能を追加しました。トップページをさらに実用的に、かっこよくしよう!様々なジャンルのウェブサイトに使える「アイテム追加」機能をつけました
トップページのセクション数、アイテム数の増減ができるフィルター機能を追加しました。 
0.1.36テーマファイル内のスクリーンショットの画像を変更しました(WordPress の管理画面でテーマ名を表示する時などに使うスクリーンショットを変更しただけなので、特に影響はありません)。 
ページ表示速度改善のため、メニュー、検索パネルのスクリプトの読み込み順を変えた場合でも正常に動作するように一部変更しました。 
0.1.35特殊文字が入っていた箇所を全て削除しました。 
テーマ詳細ページの URL を変更しましたテーマ詳細ページ
0.1.34特殊文字が入っていた箇所を一部削除しました。 
0.1.33ヘッダーに設定できる画像と動画のコードの軽量化などをしました。メインビジュアルの画像設定を今後廃止予定の機能として設定しました。代わりにヘッダー画像を使ってください。(ヘッダー画像を使うほうがいろいろなことができます)。より優れた機能を提供するため、WordPress テーマ「錦(Nishiki)」のメインビジュアルの画像の設定項目を一部廃止し「ヘッダー画像」に統一します
0.1.32カスタマイザーの設定項目を追加しました。(著者のアーカイブページへのリンクを表示) 
投稿ページの著者の情報の前後でアクションフックが使えるように do_action を追加しました。

 

 

 

追加した do_action
  • nishiki_before_single_author_description
  • nishiki_after_single_author_description
 
0.1.31トップページのメインビジュアルのキャッチフレーズが表示されなかったので修正しました。 
0.1.30テンプレートファイル(main_visual.phpとsection.php)のコードを一部変更しました。 
トップページのメインビジュアルとフロントページ設定の各セクションに設定されている画像に対して、プレースホルダーの画像が存在しなかった場合、画像が2回読み込まれる現象を修正しました。 
その他、CSS など軽微な調整をしました。 
0.1.29トップページのメインビジュアルとフロントページ設定の画像にプレースホルダーを設定できるようにしました。WordPress テーマ「錦(Nishiki)」バージョン0.1.29から、トップページの画像読み込み前にプレースホルダーを表示できるようになりました
メインビジュアルのキャッチフレーズが未入力の場合でもコンテンツを表示できるようになりました。 
テーマを有効化した際のアイキャッチ画像(サムネイル)のサイズをテーマ推奨サイズ「640×360px」に設定しました。 
その他、CSS など軽微な調整をしました。 
0.1.28アーカイブページのアイキャッチ画像のサイズを「large」から「thumbnail」に変更しました。この変更によって「カテゴリーやタブのアーカイブページの画像が小さくなった!」という場合は、参考リンクからアイキャッチ画像のサイズを調整してください。WordPress テーマ「錦(Nishiki)」で使用するアイキャッチ画像の比率は「16:9」で設定するとキレイに表示されて統一感を持たせられます
0.1.27アーカイブページのアイキャッチ画像のサイズの修正をしました。 
リストの行間を調整しました。 
サイドバーにサイト内検索のウィジェットを入れた際のマージンを調整しました。 
0.1.26一部、字間と行間を調整しました。 
0.1.25投稿ページ・固定ページ・カスタム投稿ページの各編集画面での入力や調整を効率化するため、エディタースタイルを適用しました【プレビュー画面の確認頻度を減らそう】投稿ページ・固定ページ・カスタム投稿ページの各編集画面で、ビジュアルエディターを使った入力や調整がラクになりました
一部、字間と行間を調整しました。 
0.1.24一部、字間と行間を調整しました。 
0.1.23ヘッダーに表示するメニューのパターンを追加しました【2パターンから選べる】ヘッダーにメニューを表示する方法
ロゴ画像のサイズについて見直しを行いましたウェブサイトの印象付けにも使える!ロゴ画像を設定する方法
id,class名を一部変更しました【対応表付き】次回のバージョンアップで一部のidとclass名の変更を行います
0.1.22投稿ページ、固定ページのコンテンツ前後に配置しているdo_action「nishiki_before_singular_content」「nishiki_after_singular_content」の位置を変更しました。 
0.1.21Lazy Load プラグインと競合していたので、一部コードを変更しました。 
ヘッダータイトルを書き換えるフック「pre_get_document_title」を削除しました。 
0.1.20各アーカイブページの記事一覧にいらない CSS が適用されていたので修正しました。 
0.1.19フロントページ設定の各セクションをカスタムに設定した際のデフォルト画像(sky.jpg)を指定しました。 
フロントページ設定の各セクションの上に重ねるカラーのデフォルトの透明度を変更しました。 
テーマに付属している画像の最適化(容量の圧縮)を行いました。 
カスタマイザーのみ適用する CSS を調整しました。 
フォントの指定(font-family)を全称セレクタから特定の要素(body,button,input,select,textarea)に適用するように変更しました。 
0.1.18トップページのメインビジュアルとホームページ(旧:固定フロントページ)の画像を遅延ロードに対応しました。 
カスタマイザーのメインビジュアルに関する翻訳言語の変更と追加をしました。 
カスタマイザーの「transport」コントロール設定を「postMessage」から「refresh」に変更しました。 
0.1.17コメント入力欄のフォームのカスタマイザーの CSS を削除しました。 
ウェブサイト内に設置されたフォームの送信ボタン(ON/OFF時)の CSS を追加しました。カスタマイザーのメインカラーに合わせて変更できます。 
tel,dateタイプのフォームの CSS を追加しました。 
style.cssファイルに英文でテーマの概要について追記しました。 
0.1.16readme.txtファイルに英文でテーマの概要について追記しました。 
0.1.15アクションフックが使えるように、各ページ(フロントページ、投稿ページ、固定ページ、アーカイブページ、検索結果ページ、404ページ)・テンプレート用のパーツ(ウェブサイトのヘッダーとフッター)に do_action を追加しました。 
0.1.14エスケープ関連の記述を一部見直しました。 
0.1.13image_send_to_editor の記述を削除しました(プラグインで提供するかも) 
set_query_var( 'wp_customize', $wp_customize )の記述を削除しました 
テンプレートファイルではないPHPファイルを読み込む際は get_template_directory() を使うように変更しました 
0.1.12投稿ページ、固定ページの本文でテーブルレイアウトの横スクロールバーの色を、テーマカスタマイザー「サイト基本情報」のサブカラーが適用されるように変更しました。 
投稿ページ、固定ページでピンバックの許可があれば URL を表示するように変更しました。 
add_theme_support 関連の記述を after_setup_theme のフィルター内に記述するよう変更しました。 
0.1.11カスタマイザーのサニタイズ処理と、値を出力する際のエスケープ処理について見直しを行いました。 
将来的に実装を予定していた editor_style の記述を一旦削除しました(公式テーマ登録後、実装予定をしています) 
その、他軽微な変更を行いました。 
0.1.10カスタマイザーで各種項目を設定した際に出力される CSS を変更しました。 
0.1.9利用できるアイコンフォント(Icomoon)を増やしました(計 497個)。 
Google Chrome で閲覧した場合、button 要素に角丸がついていたので、角丸の適用を無効にしました。 
カスタマイザーでロゴを表示するためのプログラムを変更しました。 
カスタマイザーでカスタム背景の設定を削除しました(背景色は引き続き設定可能です)。 
未翻訳文字の翻訳を行いました。 
その他、軽微な変更を行いました。 
0.1.8ラジオボタンのスタイルを加えました。 
アーカイブページのタイトル・抜粋が英語版だとはみ出てしまう問題を解決しました。 
JavaScript と CSS を読み込む際のハンドル名を変更しました。 
0.1.7バグ修正 
0.1.6バグ修正 
0.1.5アイコンフォントをIcomoonに変更しました。 
0.1.4エスケープ関連の見直しを行いました。 
0.1.3アーカイブページで1カラム表示の際の CSS を変更しました。 
0.1.2style.css ファイルの内容を変更しました。 
0.1.1WordPress4.5で発生する「has_header_video()」の未定義エラーを修正しました。 
テーマのコピーライトとライセンス情報を readme.txt ファイルに追記しました。 
日付フォーマットを変更しました。 
使用していないカスタマイザー関連ファイルを削除しました。 
0.1.0初めてのリリース(GitHub でソース公開) 

Nishiki テーマに関する情報は #wpnishiki をチェックしてください。

サポトピア おすすめ WordPress テーマ

WordPress テーマ Nishiki Pro

WordPress 公式テーマ Nishiki の洗練されたデザインを継承したプロフェッショナル版テーマです。「本当に必要とされる機能」をテーマ内にすべて搭載しているので、プラグインをたくさん入れなくても OK。メンテナンスコストも抑えることができ、効率の良いウェブサイト運営を行うことができます。

EC サイト対応テーマ Nishiki Pro for WooCommerce

今の時代、誰もが商材を持ち、ネット上で販売できる仕組みを持ってもいいと思います。WordPress を使って EC サイトが構築できる「Nishiki for WooCommerce」を使って、お持ちの商材を販売しませんか。ドロップシッピングサイトも作れます。