【重要なお知らせ】Nishiki Pro:バージョン 1.0.156 以降へアップデートしてください。「フレーム」ブロックの仕様変更によるブロック再作成・リカバリーのお願い

お知らせ

これから Nishiki Pro
テーマを使うなら1度は確認しよう!

Nishiki テーマおすすめ設定 テーマおすすめ設定を見る
  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. 【重要なお知らせ】Nishiki Pro:バージョン 1.0.156 以降へアップデートしてください。「フレーム」ブロックの仕様変更によるブロック再作成・リカバリーのお願い

Nishiki Pro テーマ 1.0.155 より「フレーム」ブロックの機能を強化しました。

その影響で、今まで作った「フレーム」ブロックの中で、バージョン 1.0.155 のままだと、ブロックの作り方によっては「フレーム」ブロックに何も表示されない状態になってしまうこともあります。※中身が消えている訳ではないです。

解決方法

テーマをアップデートしてください

まずは、Nishiki Pro テーマを 1.0.156 以上にアップデートしてください。

バージョン 1.0.156 以上へアップデートすると、「フレーム」ブロックに何も表示されない状態になってしまう問題はなくなります。

ブロックのリカバリーをお願いします

次に、以下のように「このブロックには、想定されていないか無効なコンテンツが含まれています。」と表示される場合があります。

下の画像のように「フレーム」ブロックが作られている投稿や固定ページの編集画面を開いて、該当する「フレーム」ブロックを選択し「ブロックのリカバリーを試行」を選択してリカバリーしてください。

リカバリーをしなくてもそのまま表示されますが、リカバリーすることで、ブロックの編集や新機能が使えるメリットがあります。

リカバリー後は保存を忘れないでください。

リカバリーについては以下のページに動画付きで解説していますので、ご参考ください。

ブロックを「HTMLに変換」「ブロックに変換」「リカバリー後」などの操作後にブロックが表示されない場合

「このブロックには、想定されていないか無効なコンテンツが含まれています。」と表示された場合、リカバリーの他に「HTML に変換」「ブロックへ変換」「クラシックブロックに変換」など、選択肢がいくつか用意されています。

リカバリー以外の選択をした方の中で、ブロックエディターの画面では表示されているのに、実際の画面には表示されないことある、とご報告いただきました。

その場合は「フレーム」ブロックの「高度な設定」の中に以下の 3 つの文字のいずれかがあるかどうかを確認し、削除してください。

  • nishiki-is-smartphone-hidden
  • nishiki-is-tablet-hidden
  • nishiki-is-desktop-hidden

もし、他にもお気付きの点がありましたら ユーザーコミュニティ までお寄せください。

WordPress テーマ Nishiki Pro

「ウェブサイト運営に本当に必要とされる機能」をテーマ内にまとめて搭載した WordPress テーマです。

ブロックエディター機能を強化し、これまでの WordPress では難しかったコンテンツが簡単に作れます。

ブログ、ポートフォリオ、コーポレートサイト、ビジネスサイトなど、様々な目的のウェブサイトに対応できるテーマです。

最新情報をチェック!

Nishiki / Nishiki Pro テーマに特化した情報を「にしきちゃん」がお伝えします😀

  • リリース情報
  • 新機能の紹介
  • 便利な使い方
  • 開発中の機能紹介
  • 導入事例
  • あるある日常ネタ

など

著者

bouya Imamura

東京都北区十条にあるウェブサイト(ホームページ)制作会社 AnimaGate(アニマゲート) という会社をやっています。サポトピアでは自社製品・サービスの全般的な開発・管理などを行っています。これまで数多くのウェブサイトの新規作成・リニューアル・運営などを経験し、WordPress(ワードプレス)公式サイト登録済みテーマやプラグインなど、ウェブサイト運営に役立つ様々なツールを開発・公開しています。サポートの一環として YouTube のライブ配信などオンラインサポートを試験運用しています。ぜひチャンネル登録いただけると大変嬉しいです。→ブログはこちら