これから Nishiki Pro または Nishiki
テーマを使うなら1度は確認しよう!

Nishiki テーマおすすめ設定 テーマおすすめ設定を見る

WordPress テーマ Nishiki Pro または Nishiki では、ウェブサイトの表示速度改善などのパフォーマンス向上を図るため、テーマで使用している jQuery の読み込みを最適化する設定ができます。以下に設定手順を書きましたので、ご参考ください。

目次

テーマ最適化の設定方法

WordPress テーマ Nishiki Pro の場合

WordPress の管理画面から「Nishiki Pro」→「一般設定」を選択します。

WordPress テーマ Nishiki の場合

まずはテーマ専用プラグイン「Nishiki Growing Beauty」本体をダウンロードして、プラグインをアップロード・有効化してください。※プラグインはどなたでも無料でダウンロードできます。

プラグイン本体のダウンロード・インストール方法はこちら

プラグインを有効後、WordPress の管理画面から「Nishiki GB」→「一般設定」を選択します。

設定画面

下の画像のように、テーマ最適化の画面が開くので「テーマ最適化」タブの「jQuery の読み込みを最適化」の項目にある「最適化する」にチェックを入れて「変更を保存」ボタンを押します。

これで設定完了です。Nishiki Pro または Nishiki テーマで作ったウェブサイトのページを表示する際に、jQuery スクリプトの読み込みがページ表示の遅延などパフォーマンス低下に影響しないように変更を加えています。

最適化の注意点があります

もし、最適化したことによって影響を受けるページやプラグインがある場合は、チェックを外してください。大抵はテーマ側でカスタマイズを行うことで、その影響を回避できます。

おそらく影響を受けるようなウェブサイトは、テーマをカスタマイズされたり、色々なプラグインを導入されている方だと思います。解決方法はウェブサイトの数だけ様々なので、回避手順については省略します。

適用前と比べてみよう

最適化を行う前と後で「実際にどう変わったのか」を確認するには、テーマの デモサイト でご確認いただいた方が話が早いと思います(デモサイトは最適化にプラスして公式プラグイン「WP Super Cache」と「Autoptimize」を適用しています)。また、Googleが提供するウェブサイトのパフォーマンス計測ツール「PageSpeed Insights」でのスコア計測結果も目安の一つとしてご参考ください。サーバーは エックスサーバー を使用しています。

適用前

モバイル

PC

適用後

モバイル

PC

上記の「PageSpeed Insights」でのスコアだけを見ると、最適化の適用前と適用後では、特にモバイル(スマートフォンやタブレット)でページを開いた際のパフォーマンスに違いが出ています。

Nishiki Pro、Nishiki テーマはパフォーマンスを意識して作られているので、体感速度的には適用前でも十分なパフォーマンスは出ます(これが「スコアは目安の一つとしてください」という理由でもあります)。

ただ、目安とは言え「スコアが高い」ことはアピールポイントの一つにもなりますし、実際に体感速度も向上します。ですので「テーマの最適化は、パフォーマンス向上を目指したい方のためのおすすめ設定」です。

まとめ

最適化できる箇所はこの他にもいくつかありますので、今後は段階を経て随時内容を増やしていく予定です。もし、Nishiki Pro または Nishiki テーマを使っているウェブサイトのパフォーマンス向上を図りたい方は、テーマ最適化の設定をお試しください。

参考リンク

Nishiki テーマに関する情報は #wpnishiki をチェックしてください。

サポトピア おすすめ WordPress テーマ

WordPress テーマ Nishiki Pro

WordPress 公式テーマ Nishiki の洗練されたデザインを継承したプロフェッショナル版テーマです。「本当に必要とされる機能」をテーマ内にすべて搭載しているので、プラグインをたくさん入れなくても OK。メンテナンスコストも抑えることができ、効率の良いウェブサイト運営を行うことができます。

EC サイト対応テーマ Nishiki Pro for WooCommerce

今の時代、誰もが商材を持ち、ネット上で販売できる仕組みを持ってもいいと思います。WordPress を使って EC サイトが構築できる「Nishiki for WooCommerce」を使って、お持ちの商材を販売しませんか。ドロップシッピングサイトも作れます。