これから Nishiki Pro または Nishiki
テーマを使うなら1度は確認しよう!

Nishiki テーマおすすめ設定 テーマおすすめ設定を見る

WordPress で EC サイトが構築できる WooCommerce プラグインで商品登録をする際に「SKU」の入力欄があることに気が付く方もいると思います。

バリエーションのある商品を登録する場合は、下の画像のようにバリエーションごとに SKU の入力欄が用意されています。

目次

「SKU」に何を入れればいいの?

一般的な SKU の理解がある方は「SKU 数を入れればいいのかな?」とお考えの方もいらっしゃると思います。ですが、WooCommerce の場合、SKU の入力欄には品番(管理番号)を入れましょう。

そもそも「SKU ってなんですか?」と疑問をお持ちの方は、以下のページで解説していますので、ご参考ください。

品番(管理番号)って何を入れればいいの?

WordPress に限らず、初めて EC サイトを構築する方は「品番って何を入れればいいの?」と疑問をお持ちの方もいると思います。

一般的には、運営されている EC サイト内で管理しやすい品番ルールを決めてしまえば OK です。

品番ルールの決め方

ではここで、具体的に品番ルールを決めてきましょう。下の画像を見てください。

品番ルールのサンプル

これはサンプルなので「必ずこの品番ルールじゃなきゃだめ!」というわけではないですが、全く同じではないにしても、アパレル関係のお店などでよく使われている品番ルールです(知り合いのとてもかわいい現役アパレルショップ店員さんに教えてもらいました)。

上記のように西暦、販売時期(Sprint & Summer : SS Autumn & Winter : AW など)、商品のジャンル、カラー、サイズなどを組み合わせることで「他の商品と重複しない品番」をつけることができます。

西暦2019、19、0019
など
販売時期SS(春夏):Spring & Summer
AW(秋冬):Autumn & Winter
商品のジャンルT シャツ → 頭文字「T」+ 商品番号
カラーブラック:BK
ホワイト:WH
イエロー:YW
など
サイズS / M / L
など

特に、T シャツなどバリエーションのある商品は SKU 数が多くなります。SKU ごとに重複しない品番を付ける必要があるので、例えば「カラー」や「サイズ」の 2 つのバリエーションがある場合、枝番を付与して品番を作るのもいいと思います。

ご自身の EC サイトの運営スタイルに合わせて品番ルールを決め、SKU の欄に入力しましょう。

このページをシェアする

WordPress テーマ Nishiki Pro

「ウェブサイト運営に本当に必要とされる機能」をテーマ内にまとめて搭載したプロフェッショナル版 WordPress テーマです。

ブロックエディター機能を強化し、これまでの WordPress では難しかったコンテンツが簡単に作れます。ブログ、ポートフォリオ、コーポレートサイト、ビジネスサイトなど、様々な目的のウェブサイトに対応できるテーマです。

著者

bouya Imamura

東京都北区十条にあるウェブサイト(ホームページ)制作会社 AnimaGate(アニマゲート) という会社をやっています。サポトピアでは自社製品・サービスの全般的な開発・管理などを行っています。これまで数多くのウェブサイトの新規作成・リニューアル・運営などを経験し、WordPress(ワードプレス)公式テーマ・公式プラグインなど、ウェブサイト運営に役立つ様々なツールを開発・公開しています。サポートの一環として YouTube のライブ配信などオンラインサポートを試験運用しています。ぜひチャンネル登録いただけると大変嬉しいです。→ブログはこちら

他のマニュアルを見る

EC サイト専用 WordPress テーマ Nishiki Pro for WooCommerce

マニュアルTOPへ戻る