これから Nishiki Pro または Nishiki
テーマを使うなら1度は確認しよう!

Nishiki テーマおすすめ設定 テーマおすすめ設定を見る

前回は、WordPress で EC サイトが構築できる WooCommerce プラグインを使って T シャツを登録し「サイズ」「カラー」の 2 種類のバリエーションを設定しました。

商品登録やバリエーションの設定がまだの方は、以下のページを参考にして作業を済ませてください。

このページでは、具体的にバリエーションごとに価格や在庫などの商品データを入力する方法について解説しています。

目次

バリエーションを作成しよう

前回までの作業では、「サイズ」と「カラー」のバリエーションの種類を設定しただけですので、次はバリエーションの組み合わせを作り、必要なデータ(価格や在庫)を入力しましょう。

バリエーションの組み合わせを作成する

WordPress の管理画面から「商品」を選択し、商品の編集画面を開きます。商品データの項目の中から「バリエーション」を選択してください。

バリエーションの組み合わせを一括で作る

下の画像のように選択肢の中から「すべての属性からバリエーションを作る」を選んで「表示」ボタンを押します。

すると、下のようにメッセージが表示されます。

すべてのバリエーションをリンクさせてもよいですか ? この操作を行うと、可能な限りすべてのバリエーション要素の組み合わせにつきひとつの新しいバリエーションが作成されます (実行一回ごとに最大50個) 。

このメッセージに書いてある通り、バリエーション同士の組み合わせを自動で作成してくれます。便利ですね。「OK」ボタンを押してバリエーションを作成しましょう。

バリエーションが作成されるまで、少し時間がかかる場合があります。待ちましょう。

無事作成が完了すると、下のようにメッセージが表示されます。

作成されたバリエーションを確認しよう

作成されたバリエーションを確認しましょう。下の画像のように「サイズ」と「カラー」のバリエーションの組み合わせが全て作られました。

バリエーションそれぞれ値を設定しよう

バリエーションの組み合わせが作成できたら、ここからがいよいよ本題です。下の動画のように、作成されたバリエーションはクリックすると展開することができます。

下の画像は一例ですが「サイズ:S / カラー:ブラック」のバリエーションを展開したものです。データを入力していきましょう。

まとめ

以上でバリエーションごとに商品データを入力する方法について解説しました。今回例に挙げた T シャツのように、バリエーションの組み合わせの数だけ商品データを入力する必要があるのでご注意ください。

このページをシェアする

WordPress テーマ Nishiki Pro

「ウェブサイト運営に本当に必要とされる機能」をテーマ内にまとめて搭載したプロフェッショナル版 WordPress テーマです。

ブロックエディター機能を強化し、これまでの WordPress では難しかったコンテンツが簡単に作れます。ブログ、ポートフォリオ、コーポレートサイト、ビジネスサイトなど、様々な目的のウェブサイトに対応できるテーマです。

著者

bouya Imamura

東京都北区十条にあるウェブサイト(ホームページ)制作会社 AnimaGate(アニマゲート) という会社をやっています。サポトピアでは自社製品・サービスの全般的な開発・管理などを行っています。これまで数多くのウェブサイトの新規作成・リニューアル・運営などを経験し、WordPress(ワードプレス)公式テーマ・公式プラグインなど、ウェブサイト運営に役立つ様々なツールを開発・公開しています。サポートの一環として YouTube のライブ配信などオンラインサポートを試験運用しています。ぜひチャンネル登録いただけると大変嬉しいです。→ブログはこちら

他のマニュアルを見る

EC サイト専用 WordPress テーマ Nishiki Pro for WooCommerce

マニュアルTOPへ戻る