他のテーマからNishikiテーマへ移行された方へ トップページやアイキャッチ画像など ウェブサイトの見栄えがよくなる 「テーマ専用おすすめ設定」を紹介しています。 ぜひ一度、ご確認ください!テーマ専用おすすめ設定を見る

WordPressテーマ「錦(Nishiki)」のバージョン0.1.37から、トップページのセクションそれぞれに「アイテム」が追加できるようになりました。

アイテム追加機能は、コードを書かずにできる「カスタマイザー」の画面から利用できます。

アイテムってなんですか?使い所は?

アイテムは「1つのセクション内で複数のコンテンツを紹介したい場合」などに使える便利な機能です。

とは言っても、あれこれと文章で説明するよりも画像で見てもらったほうが早いと思います。

例として、飲食店用のウェブサイトにアイテムを追加した場合を見てみましょう。

1つのセクションにアイテムを追加

下の画像のように、トップページの1つのセクションに「飲食店の特徴」などを掲載したい場合、それぞれアイテムを追加して情報を掲載することができます。

トップページからサービスの特徴についての概要を説明し、さらに情報を得たい方は詳細ページへのリンクを辿ることができます。

1つのセクションでアイテムは最大3つ(フィルター機能で増やすこともできます)まで設定でき、カラム数の指定も可能です。また、アイテムそれぞれには、アイコン、タイトル、説明文、ボタンを設定することができます。

次は別パターンを見てみましょう。

アイテムそれぞれ個別に設定可能

セクションで設定できる背景画像や色の設定と、アイテムそれぞれ個別に色を変更しました。

アイコンの種類も選べます

テーマのバージョン0.1.37から、テーマを有効化すると「テーマについて」の紹介ページを表示することができます。

「テーマについて」の紹介ページへのリンクは「外観」内にあります

その紹介ページの「使用できるアイコンフォント」の一覧から、お好みで使いたいアイコンを選んでください。

使用できるアイコンフォント

現時点では、500種類程度のアイコンの中から選ぶことができます。

アイテムに「画像」の設定もできるよ

アイテムそれぞれにはアイコンの代わりに「画像」を設定することもできます。

例えば、下の画像のようにセクションのタイトルを入れ、2つのアイテムを表示し、アイテムそれぞれに画像を設定しました。

まとめ:アイテム追加機能は様々なウェブサイトに使える

今回は飲食店用のウェブサイトという設定で例を挙げましたが、このアイテム機能をうまく使えば、様々なジャンルのウェブサイトにも応用できます。私個人的には「これは何でもできちゃうなぁ〜」という感想を持っています。追加してよかった機能の1つですね。

海外の人気公式WordPressテーマでは、大体がこのようなアイテム追加の機能がついていることが多いです。Nishikiもようやく機能的に海外の人気公式WordPressテーマに近づきつつあるかな、と思っています。

というわけで「アイテム追加」機能は便利ですので、ぜひ使ってみてください。使用方法は以下のページにまとめました。

Nishikiテーマ専用プラグイン無料配付中 ウェブサイト運営に役立つ機能を搭載しています。 ↓プラグインのダウンロード↓ Download Nishiki Growing Beauty 本体 nishiki-growing-beauty.zip(166 KB) インストール方法はこちら

ハッシュタグ#WordPress,#wpnishikiをつけてシェア

このページの著者について

bouya Imamura

東京都北区十条にあるウェブサイト(ホームページ)制作会社AnimaGateの代表をやっています。サポトピアでは自社製品・サービスの全般的な開発・管理などを行っています。これまで数多くのウェブサイトの新規作成・リニューアル・運営などを経験し、WordPress(ワードプレス)公式テーマ・公式プラグインなど、ウェブサイト運営に役立つ様々なツールを開発・公開しています。著書「現場のためのSwift4 実務で『本当』に通用する開発者になるための教科書」販売中です。→ブログはこちら